会社紹介
 

盲導犬総合支援センターについて


「一般社団法人盲導犬総合支援センター」は、チャリティーグッズ販売などのビジネス活動を通じて、そのパートナーである盲導犬や介助犬の育成を支援する団体です。

****


前身は、平成16年4月に任意団体としてスタートした「盲導犬支援センター」です。
通販サイト「盲導犬サポートSHOP」を展開したのをはじめ、全国5ヶ所の盲導犬訓練センターに販売店舗を設け、平成20年10月には「介助犬サポートSHOP」も開設。 目の不自由な方ばかりでなく、肢体不自由者への支援へと活動を拡大してきました。

この間、多くの賛同者に支えられて発展をしてきましたが、支援の輪をもっと広げたいという多くの人々の想いに応えるべく、平成21年11月に一般社団法人として再出発しました。

****


補助犬(盲導犬、介助犬)ユーザーやボランティアの方々、補助犬を応援する皆さまをステークホルダーとしてチャリティーグッズの販売を主としてきましたが、最近ではCSR(企業の社会的責任)の観点から、当団体グッズとのコラボレーションを通じて社会貢献に取り組む企業や、当団体ライセンスを元にオリジナル商品を開発・販売する企業など、企業のより直接的な社会貢献も増えてきました。 こういった活動により支援の輪は次第に広がりつつあります。

****


「Go! Guide Dogs」盲導犬ユーザーとパートナー(盲導犬)が一緒に力強く歩く姿、盲導犬を応援する気持ち、目の不自由な方の自立と社会参加を応援したい。そんな気持ちをメッセージにしたこの言葉は、心が暖かくなるキーワードとして当団体活動の原動力となり、ステークホルダーとの大きな架け橋となっています。

****


補助犬を必要としている方に比し、実態は全く足りていない現状にあります。
「盲導犬総合支援センター」が補助犬育成を支える大きな柱に成長していくよう、役職員一同が一丸となって取り組んでまいります。
いつも温かい気持ちを忘れずに、人と人、人と動物、企業と個人、が共に生きる環境づくりに貢献すべく、すべてのステークホルダーとともに活動していきたいと思っています。

今後とも変わらぬご愛顧、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

一般社団法人盲導犬総合支援センター 代表理事 盒驚蘋


盲導犬について


目の見えない方、見えにくい方が行きたい時に行きたい場所へ出かけられるように、盲導犬は障害物を避けたり、段差や角を教えたり、安全に歩くためのお手伝いをします。 安全に歩くことを助けてくれるだけでなく、手を伸ばせば温かなぬくもりも与えてくれます。 盲導犬は、盲導犬ユーザーにとって大切なパートナーであり、家族の一員です。

※2010年3月現在、国内で活躍している盲導犬の数は日本全国で1,070頭。まだまだ盲導犬が不足しています。


設立趣旨


身体障害者補助犬の育成支援及びこれを使用する身体障害者の自立及び社会参加の促進に寄与することを目的とし、様々な活動を通じて、盲導犬・補助犬の認知度向上、受け入れられる環境づくりに努めています。


盲導犬総合支援センターについて


平成16年4月より、任意団体盲導犬支援センターを設立。 平成21年11月より一般社団法人盲導犬総合支援センターとして、新たなスタートを切ることになりました。

ページトップへ